2015年7月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

日本人の人口は6年連続の減少、外国人住民は前年比6万人増

総務省が1日に発表した住民基本台帳による日本人の人口は、今年1月1日時点で1億2,616万人となり、2009年をピークに6年連続で減少した。出生児数から死亡者数を差し引いた自然増減数は▲26万6,757人とされ、1979年の調査開始以降でマイナス幅が最大となっている。

この記事の続きを読む

 
人口構成比をみると、0~14歳の年少人口は12.93%、65歳以上の高齢者人口は25.90%となっており、高齢者人口が初めて年少人口の2倍を超えている。
 
また、日本で住民登録している外国人の数は207万人で、前年から6万人増加した。外国人住民の割合は総人口に対し、1.6%となっている。

この記事の提供会社

logo

世界経済のネタ帳

http://ecodb.net/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島