2015年10月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

香港の若者のクレカ依存深刻、月に平均8000香港ドル利用

香港の若者のクレカ依存深刻、月に平均8000香港ドル利用

ある信販会社が香港大学民意研究計画を通じ若者のクレジットカードの使用実態に関する調査を行ったところ、月々の利用額が平均で8000香港ドルを超えていることがわかった。

この記事の続きを読む

10月14日付香港各紙によると、この調査はいわゆる「80後」「90後」と呼ばれている18~35歳の若者計497人(平均月収2万2670香港ドル)を対象に行われたもの。特に90後世代の利用頻度はすさまじく、毎月のカード利用額は平均で月収の46%に相当するという。カードの負債を払い終わるまでにかかる期間は平均で19カ月、最高では12年という回答もあった。
 
また、カードの支払いが控えていても、全体の78%が「最新のスマホや旅行、ホテルでの食事にはカード利用を控えない」と答えている。ただ支払いの重圧は感じているようで、56%がリボルビングやミニマムペイメントなどの制度を使って一括払いを避けている。
 
photo by Pure Metal Cards

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島