2016年1月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

微信のおサイフケータイサービス、香港で試験運営

微信のおサイフケータイサービス、香港で試験運営

中国のネット大手、騰訊(テンセント)は1月27日、香港で微信銭包(ウィーチャット財布)の試験版を発表した。

この記事の続きを読む

 
28日付香港各紙によると、これまでウィーチャットのユーザーは中国本土のクレジットカードとひも付けしない限りウィーチャットペイを通じた消費は不可能だったが、今後はビザかマスターのクレジットカードとひも付けすればおサイフケータイが利用できる。
 
アイフォンかアンドロイドのスマホならウィーチャットアプリを更新した後で設定に「香港銭包」が表示され、クレジットカード情報を入力すれば利用可能だ。毎月の利用上限は5000ドル。ホテルや交通機関の優遇もある。ただし中国本土版で人気のP2Pアカウントやお年玉などの機能は当面含まれない。

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島