2016年10月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

電通、米マーケティング会社 「マークル社」の株式を取得

電通、米マーケティング会社 「マークル社」の株式を取得

株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:石井 直、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、米国独立系で最大級のデータマーケティング会社「Merkle Group Inc.」(本社:メリーランド州、Chairman & CEO:David Williams、以下「マークル社」)のマジョリティー株式を取得した。

この記事の続きを読む

 
マークル社の前身は1971年に設立され、その後1988年に現経営者によって買収され、現在に至っている。この間に同社は、ローカルのデータ処理からファーストパーティーデータ(顧客データ)分析に関わるようになり、その専門性とノウハウを磨き上げることで、独自のテクノロジープラットフォームを有するグローバルプレーヤーへと成長してきた。現在では650社以上の世界有数の企業を顧客として抱え、同社がアクセスできるマーケティング・データベースは150以上、管理するファーストパーティーデータも37億件を超えている。
 
株式取得後、電通は、マークル社を当社グループにおける新たなグローバルネットワーク・ブランドとして位置付け、世界各地に展開するグループ各社およびグローバルなプラットフォーム企業との連携を図ることで、シナジーの創出とさらに付加価値の高いサービスの開発・提供に取り組んでいく。

この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

出島