2016年11月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

フィリピンの大手ファーストフード「ジョリビー」が日本上陸か

フィリピンの大手ファーストフード「ジョリビー」が日本上陸か

フィリピンのファーストフード大手で、「ジョリビー」を展開するジョリビー・フーズのトニー・タン・カクチョン会長が、2018年に日本に「ジョリビー」1号店をオープンさせる意向を発表した。

この記事の続きを読む

 
まずは日本に数多く居住するフィリピン人をターゲットにし、ジョリビーの食事を日本に広め、認知度を高め、日本人にも来店をしてもらいたいと述べた。

同社はフィリピンのパシッグに本社を置き、2015年現在、世界中に3,000店舗を展開しているフィリピンの多国籍チェーンで、最近、ハンバーガーや朝食メニューで提供される卵について、伊勢食品との提携も発表しており、マニラに養鶏場を設置する事も決定している。また、日本以外にも、カナダやイタリアへの展開も視野に入れており、更なる世界展開に意欲をのぞかせている。
 
(参照)https://insideretail.ph/jollibee-japan-opening-confirmed/

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

出島