2016年11月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

MBK、アコーディア・ゴルフ買収、日本企業買収へ積極的な動き

MBK、アコーディア・ゴルフ買収、日本企業買収へ積極的な動き

投資ファンドのMBKパートナーズは29日、ゴルフ場運営のアコーディア・ゴルフを約1500億円で買収すると発表した。TOB(株式公開買い付け)により完全子会社にする。人口減少でゴルフ場を取り巻く収益環境の悪化が予想される中、アコーディアはファンド傘下で成長投資を加速し、生き残りを目指す。MBKによる積極的な日本企業買収への動きが見られる。

この記事の続きを読む

 
MBKによる買い取り価格は1株あたり1210円。過去6ヶ月間の株価の平均に対して12%の上乗せとなる。アコーディアの借り入れ(636億円)を含めた買収総額は1489億円にもなる。TOB期間は来年1月18日まで。来春にも上場廃止となる見込みである。
 
アコーディアは全国約2400のゴルフ場のうち135コースを運営する最大手である。体力が残る今のうちに非上場化することで、これまで配当などの株主還元に充てていた資金を成長投資に振り向ける。
 
投資ファンドMBKによる日本企業買収への動きが積極的に見られる。今年10月には国内寿司チェーン最大手「スシロー」の買収が報道された。買収決定には至らなかったものの、その動きは目にとまるものがある。今後の展開からも目が離せない。
 
>>>あわせて読みたい『回転寿司最大手スシロー、MBKによる買収決定か』(https://www.digima-news.com/20161005_7736
 
Photo by gtknj on Flickr

この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

出島