2016年12月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

マレーシアの高速道路に日本式の走行車両重量測定装置を導入、重量違反車撲滅へ

マレーシアの高速道路に日本式の走行車両重量測定装置を導入、重量違反車撲滅へ

NEXCO西日本ファシリティーズ(本社・大阪)が開発した走行車両重量測定装置が、マレーシアの高速道路に試験導入される。

この記事の続きを読む

走行車両重量測定装置(MVWS)とは走行中の車両の重量を測定する装置で、これにより、重量超過違反車両を特定し、取り締まりにつなげるのが目的だ。

NEXCO西日本では、高速道路の劣化の要因の一つが重量超過違反車両であることから、違反車両撲滅に向けた取締りを強化してきた。
マレーシアでも同様の悩みを抱えており、マレーシア運輸省、公共事業省などから構成されるマレーシアWIM準備委員会にて、ラワンIC(AH2:アジアンハイウェイ 2号線)にMVWSを試行導入することを決定、NEXCO西日本ファシリティーズが9月にMVWS1台を販売した。

今後設置工事を経て、走行試験を行い、実測データ収集ののち、分析・評価を実施。NEXCO西日本では今後、ASEAN諸国への展開も検討したいとしている。

(写真はNEXCO西日本のウエブページより)
 
ソース:http://www.malaysia-magazine.com/news/16645.html

この記事の提供会社

logo

マレーシアの総合情報サイト  【マレーシアマガジン】

http://www.malaysia-magazine.com/

メルマガ会員  
 

出島