2016年12月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

日立受託の英国原発建設計画、日英政府が投融資、総額1兆円

日立受託の英国原発建設計画、日英政府が投融資、総額1兆円

政府は英国が計画する原子力発電の建設プロジェクトを資金支援する。英国政府からの原発の建設・運営を受託した日立製作所の英子会社に国際協力銀行(JBIC)や日本政策投資銀行が投融資する。総額1兆円規模になる公算が大きいという。政府は原発輸出に力を入れているが、ベトナムでの新設計画が中止になるなど逆風が耐えない。官民連携で突破口を探っていく。

この記事の続きを読む

 
日英政府は、関係強化、そして原発分野での協力も表明する方向で調整すると発表した。両政府は来年中にも資金援助の大枠を固める。支援対象となるのは日立傘下のホライズン・ニュークリア・パワーが英中部ウィルファで計画する原発2基である。ホライズンは日立が英国で手がける原発の設計から運営までを受け持つ金額出資会社である。
 
ウィルファの2基にかかる総事業費を現時点で約190億ポンド(約2.6兆円)と想定している。日立が総事業費の1割程度、英国政府が25%以上を出す案が出ている。
 
日本政府はJBICと政投銀を通じてホライズンに投融資する。さらに日本貿易保険(NEXI)が信用保証枠を設定した。日本のメガバンクやHSBCといった日英の大手金融機関を呼び込み総額1兆円規模の資金を融通する計画だ。
 
日英政府が支援姿勢を明確にすることで機関投資などによる出資を促す。稼働後の売電収入なども加え、全体の事業費をまかなう方向だ。
 
東日本大震災時の福島第一原発事故の影響もあり、国内原発はほぼ稼働していなく、ベトナムでの新設計画も中止となった。その中でも政府はインフラ輸出を成長戦略の柱とするために海外に原発を輸出する。

この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

出島