2016年12月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

サンパウロとNYを結ぶ初の海底ケーブルサービス開始へ

サンパウロとNYを結ぶ初の海底ケーブルサービス開始へ

12月12日(月)、シーボーンネットワークス(Seaborn Networks)が、アメリカ合衆国とブラジルを直接結ぶ海底光ファイバーケーブルシステムSeabras-1を使ったソリューションを導入することを発表した。

この記事の続きを読む

 
Seabras-1はニュージャージー/ニューヨークとサンパウロを直接結ぶ最初のケーブルシステムで、サービスの開始は2017年6月とのこと。
 
SeaSpeed(TM)と呼ばれるこのソリューションを利用すると、ニュージャージー州カーテレットとブラジルのサンパウロの間で、ネットワークを通じて得られる情報を受け取る時間や、データの読み出しにかかる時間を最短にすることができるという。
 
Seaborn Networksは、独立系の海底光ファイバーケーブルのシステム開発や運営などを行う大手企業で、同社が独占的に提供するSeaSpeed(TM)は、米・ブラジル間の金融データ送受信ルート向けに、最低レイテンシーでのマルチミリ秒のステップ変更を示すとしている。
 
事業開発ディレクター兼低レイテンシー販売部門長のポール・クリールマン氏は、同システムの革新性について語った。
 
「Seabras-1は、現在このルートに存在するマルチポイント・ソリューションよりも改善されたレイテンシーを提供すると既に期待されていた。しかし、SeaSpeedは、最速のルートを提供する、拡張された独自のエンドツーエンド・ソリューションです」(ポール・クリールマン氏)
 
Seabras-1のための5億USドルの資金調達は2015年に完了しているという。ケーブルの製造は100%完了しており、ケーブル敷設は2017年第1四半期初めに開始されるとのこと。Seabras-1の顧客を代理している他の共同経営者は投資管理会社であるPartners Group。
 
ソース:http://megabrasil.jp/20161217_33046/
 
■関連記事
F1公認、歴代名車が1/43スケール・ダイキャスト製モデルで登場
ブラジリカグリルが開店1周年記念プラン。極上シュハスコディナー食べ放題が2980円、予約締め切り迫る
薬きらいのワンちゃんも食べやすいビスケット状内服薬を発売
髪と色気に関する国際比較調査でも、ブラジル人はヘアケアを重視
フランスから本格派の”ポンデケージョのルーツ(!?)”が上陸

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社

logo

MEGA★BRASIL

http://megabrasil.jp/

メルマガ会員  
 

出島