2016年12月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

2016年関西空港の国際旅客数、過去最高記録、アジアの便数増加も影響

2016年関西空港の国際旅客数、過去最高記録、アジアの便数増加も影響

今年の関西国際空港の国際旅客数が年間ペースで過去最高を更新した。運営会社の関西エアポートが26日、1〜11月の旅客数が前年同月比16%増の1720万人になったと発表した。韓国などアジア方面の便数が増え、11月にニュージーランド航空が関空便を3年ぶりに復活させたことも寄与した。

この記事の続きを読む

 
通年で過去最高だった2015年の1625万人を11ヶ月間で上回った。
 
国際線のうち、外国人旅客数が1117万人と22%増えた。韓国大手アシアナ航空が今年11月に関空−仁川線を増便したほか、7月には中国の天津航空が大連線を就航させた。
 
日本全体を見ても外国人観光客の数は急増している。2016年の訪日外国人観光客数は2400万人を突破する勢いだ。今後も就航便は増えていく見込みで、同時に外国人観光客の増加にも期待できる。インバウンド市場が広がっている。

この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

出島