2016年12月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

シンガポール、日本のカジノギャンブルのモデルへ

シンガポール、日本のカジノギャンブルのモデルへ

日本政府は、統合型リゾート施設の一部として、シンガポールのカジノモデルを綿密に研究しており、議会が、カジノのギャンブルの合法化を可決する以前から、いくつかの政府機関関係者がシンガポールのカジノを訪れ、視察を行っている。

 

この記事の続きを読む

シンガポールマネージメント大学法学部の准教授は、同国が効果的にカジノビジネスを開拓し、マイナス要素を最小限に抑えながら最大の利益を引き出しているという結果を受け、日本をはじめ、各国の政府がそのモデルを研究していると語っている。

しかし、カジノをはじめとするギャンブルには、中毒性があり、依然として大きな問題の1つとされており、元カジノに足しげく通った同国のエンジニアは、日本にカジノがオープンしたとしても、日本人のカジノでの遊戯を認めるべきではなく、外国人にのみ開放するのが賢明だ、と指摘した。

(参照)http://www.bangkokpost.com/business/world/1162080/singapore-a-winning-bet-for-japan

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

出島