2017年1月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

三井物産、米モンサントから農薬事業「ラティテュード」買収

三井物産、米モンサントから農薬事業「ラティテュード」買収

三井物産は米モンサントから、麦の連作障害を防ぐ農薬事業を買収する。同じ畑で2年以上続けて麦を育てる欧州では市場を独占している製品で、買収額は約100億円のもよう。大型再編が相次ぐ世界の農薬大手は経営効率化への事業の取捨選択を進めており、三井物産は再編に伴い優先順位の落ちた農薬事業を買収して基盤を広げる。

この記事の続きを読む

 
買収するのは「ラティテュード」。連作による立ち枯れを起こす病原菌を殺菌する効果がある。モンサントから許認可や商標、販売権など関連の知的財産権を取得する。
 
モンサントは15年前から欧州中心に10カ国以上で販売してきた。三井物産は今後、子会社のセルティス・ヨーロッパ(オランダ)とスピース・ウラニア・ケミカルズ(ドイツ)を通じ、英国やフランス、ドイツなどで売る。現在の年間売上高は100億円程度だが、2〜3割以上の販売増を目指すという。
 
三井物産は2014年、米デュポンから柑橘類のカビを防ぐ農薬事業を買収した。世界大手は合従連衡似合わせて扱う農薬や事業の選択と集中を進めている。
 
モンサントも2016年9月、独バイエルによる買収で合意した。モンサントは種子、バイエルは農薬と両者の強みを持つ分野に注力する方針。三井物産は一連の業界編成の中で優先順位の落ちた事業の買収機会を探る。

この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

出島