2017年1月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

香港大予測、2017年第1四半期のGDP2.3%増

香港大予測、2017年第1四半期のGDP2.3%増

香港大学経済及商業策略研究所は1月4日、香港経済の見通しに関するリポートを発表した。5日付『大公報』によると、リポートでは2017年第1四半期の実質域内総生産(GDP)伸び率を2.3%と予測。

この記事の続きを読む

 
16年第1四半期の0.8%に比べ顕著に改善し、16年第4四半期の2.1%(見込み)からも加速。15年第4四半期以降で最も高い伸び率となる。17年通年では1.5~2.5%の伸び率を予測。16年の通年予測も0.1~1.6%に上方修正したが、15年通年の2.4%に比べると低い伸びにとどまる。
 
リポートでは17年第1四半期に商品輸出・輸入、サービス輸出、投資総額がいずれも前年同期比でマイナス成長からプラスに転じると指摘。商品輸出は同5%増、輸入は同5.1%増、サービス輸出は同3.8%増、投資総額は同5%増と予測。個人消費も同1.5%増となり、前年同期の同1.2%増を上回るとみている。

この記事の提供会社

logo

香港ポスト

http://www.hkpost.com.hk/member.php

メルマガ会員  
 

出島