• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

2016年訪日外国人観光客数が2400万人突破、拡大するインバウンド

2016年訪日外国人観光客数が2400万人突破、拡大するインバウンド

2016年の年間訪日外国人観光客数が2015年に比べ約2割増え、過去最高の2400万人超となる見通しとなった。増加は5年連続。中国に加え、台湾や香港、インドネシアなど、アジアからの旅行者が増えた。政府は「2020年に4000万人」の目標を掲げている。今後は新たな観光資源の開発や安全対策など、さらなる環境整備を急ぎ、インバウンド市場を拡大させていく。

この記事の続きを読む

 
中国や韓国からの観光客が堅調であった。ただ全体の伸び率は、円安やビザ発給要件の緩和などで前年比約5割増だった2015年に比べて緩やかになった。一時の円高傾向や熊本地震、中国経済の減速などが響いた。
 
一方、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナムなど東南アジア各国からの観光客が大きく増えた。現地で実施した誘致のためのキャンペーンや新たな航空路線の開設などが寄与した。
 
政府は訪日客のさらなる増加に対応するため、受け入れ体制を整える。2017年度予算案では、観光庁予算を過去最大の256億円としたほか、他省庁の予算でも観光関連分を拡充した。
 
住宅の空き部屋などに旅行者を有料で泊める「民泊」の普及を後押しするほか、欧米やオーストラリアの富裕層に照準を定め、日本観光の売り込みを強化していく。2020年の訪日外国人観光客数年4000万人に向けて、政府も本腰を入れる。
 
>>>合わせて読みたい『日本政府、観光庁の予算過去最大へ、インバウンド事業に投資』(https://www.digima-news.com/20161219_10813

この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

出島