2017年1月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

マレーシアからシンガポールに入る外国車両に新たな通行税が発生

マレーシアからシンガポールに入る外国車両に新たな通行税が発生

2月15日より、マレーシアからシンガポールに入る外国登録車両に対し、新しく通行料が課せられる。シンガポールの陸上交通庁が発表した。

この記事の続きを読む

 
シンガポールの陸上交通庁(LTA=Land Transport Authority)は、1月16日、シンガポールに入る外国の車は相互道路料金RRC(reciprocal road charge ) として、6.40シンガポール・ドル(約511円)を払わなければいけないと発表した。2月15日より実施となる。チャンネル・ニュースアジアが伝えた。
   
2016年11月1日にマレーシアも、ジョホール・バルに入る外国で登録された車に対し、RM20を徴収する決定をしている、とLTAでは話しており、対抗したものとみられる。平均2万台の車両が、毎日シンガポールからマレーシアに入国している。
 
ソース:http://www.malaysia-magazine.com/news/18147.html
 

この記事の提供会社

logo

マレーシアの総合情報サイト  【マレーシアマガジン】

http://www.malaysia-magazine.com/

メルマガ会員  
 

出島