2017年2月8日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

ベトナムにて自国民のカジノ入場を解禁、3月15日より3年間試験的に

ベトナムにて自国民のカジノ入場を解禁、3月15日より3年間試験的に

さる1月23日に、ベトナム政府は自国民のカジノ入場を、条件付きで認める政令が公布された。きたる3月15日のベトナム人のカジノ入場解禁スタートに向けて、各カジノ経営者より期待が高まっている。

この記事の続きを読む

  
もともとベトナムのカジノは経営不振が懸念されていた。その要因としては、入場客が外国人に限定されていることに加えて、国内にカジノが8カ所も存在するという、供給過多が挙げられている。
  
政令によると、カジノ入場が認められるベトナム人は…満21歳以上・民事行為能力を有すること・毎月の収入が1000万VND(約5万円)以上であること・入場料を支払うこと…などが定められている。
  
今回の政令によって、3月15日にベトナム人のカジノ入場が解禁されるわけだが、3年間の試験的な施行となっている。
  
日本はもちろんのこと、観光立国を掲げるASEAN諸国においては、カジノを含むIR(インテグレーテッドリゾート=統合型リゾート)の設置は、各国内でさまざまな賛否及び議論を呼んでいるが、今回のベトナムが実施する施策が、3年後にどのような結果を導き出すのか注目していきたい。

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

出島