• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

シンガポールへのFDI、昨年は急減も額で世界5位、UNCTAD発表

シンガポールへのFDI、昨年は急減も額で世界5位、UNCTAD発表

シンガポールに対する、昨年の外国からの直接投資(FDI、認可ベース)は前年比23%減の500億米ドル(約5兆7,000億円)と急減したが、FDIの減少は世界的傾向で、シンガポールは絶対額で前年の7位から5位に順位を上げたことが、国連貿易開発会議(UNCTAD)のまとめから分かった。

この記事の続きを読む

  
世界全体のFDIは同13%減の1兆5,200億米ドル(約173兆円、以下単位は全て米ドル)。報告書は、今年のFDIは約10%増加し、シンガポールへのFDIも増加するとの予想を示した。投資誘致機関の経済開発庁(EDB)は昨年並みを予想している。
 
シンガポールを含むアジア・オセアニア途上国への昨年のFDIは22%減少。欧州へのFDIは29%、中南米・地中海諸国は19%、アフリカは5%、それぞれ減少した。他方、カザフスタン、ロシアなど過渡期にある経済体への投資は38%増加した。
 
国・地域別では、上位のうち香港、ブラジル、オランダ、インドへのFDIは減少した。9位の豪州は440億ドル(約5兆円)で前年の2倍に急増。日本への投資も、前年の20億ドル(約2,300億円)の減少から、160億ドル(約1兆8,000億円)の増加に改善した。
 
工業先進国へのFDIは全体の57%を占めた。FDI首位は米国で前年より50億ドル(約5,700億円)多い3,850億ドル(約44兆円)。2位は英国で400億ドル(約4兆6,000億円)から1,790億ドル(約20兆円)に急増した。3位は中国で微増の1,390億ドル(約16兆円)。
 
ソース:http://www.asiax.biz/news/42246/

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

出島