2017年2月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

マレーシアと北朝鮮、5つの意外な関係

マレーシアと北朝鮮、5つの意外な関係

全方位外交で知られるマレーシア。北朝鮮の金正男氏の殺害事件ではマレーシア人からも「なぜマレーシアで事件が起きたのか?」という疑問が上がっている。マレーシアは北朝鮮と国交があり、その関係は意外に深いのだ。

この記事の続きを読む

 
1.マレーシアはビザなしで北朝鮮に行ける唯一の国

SouthEast Asia grabによれば、マレーシアはビザなしで北朝鮮に行ける唯一の国である。
http://sea-globe.com/assassination-kim-jong-nam-malaysia-north-korea/
 
2.マレーシアには北朝鮮大使館があり、平壌にはマレーシア大使館がある 
 
平壌にはマレーシア大使館があり、クアラルンプールのダマンサラハイツには、北朝鮮大使館がある。なおタイやシンガポールなど、東南アジアの多くの国にも北朝鮮大使館がある。
 
3.平壌へマレーシアからの直行便がある
 
北朝鮮の航空会社「Air Koryo」はクアラルンプールから平壌までの直行便を運行する。インドの旅行サイト「Cleartrip」のページによれば、運行は月曜日のみで、クアラルンプールを10時30分に出て、平壌に19.00に到着。現在の運行状況は不明。なおクアラルンプールには北朝鮮の「DPR Korea Tourism」があり、北朝鮮へのパッケージ旅行を紹介している。
 
4.北朝鮮からの留学生もいる
 
マレーシアのインターナショナル・スクールには、北朝鮮国籍の生徒もいる。マレーシアのHELP大学は金正恩氏に名誉博士号を授与、北朝鮮大使館から公式に感謝されたことがある。
 
5.貿易やビジネスのつながりもある
 
北朝鮮とマレーシアは貿易やビジネスでも関係が深い。13回マレーシア・インターナショナル・ブランディングショーケースには北朝鮮から18の会社が出展した。外国人労働者大国マレーシアは、北朝鮮労働者を使った最初の国でもあり、サラワクには北朝鮮人の炭鉱労働者がいる。なおクアラルンプールには北朝鮮のレストランもある。今回の容疑者も正式にマレーシアのビザを持って働いていた。
 
ソース:http://www.malaysia-magazine.com/news/19169.html

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社

logo

マレーシアの総合情報サイト  【マレーシアマガジン】

http://www.malaysia-magazine.com/

メルマガ会員  
 

出島