2017年3月1日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

ヤマトホールディングスがベトナムにて、保冷配送サービスの合弁会社を設立

ヤマトホールディングスがベトナムにて、保冷配送サービスの合弁会社を設立

ヤマトホールディングスは、2月28日、その傘下にある「東南アジア地域統括会社ヤマトアジア」と、ベトナムの同業社である「BA SAU NAMトレーディングロジスティクス」(以下、365エクスプレス)が、ベトナム国内で、企業向けの保冷配送サービスをスタートすると発表した。

この記事の続きを読む

 
内訳としては、ヤマトアジアが51%、365エクスプレスが49%出資をして合弁会社を設立する。
事業内容は、ベトナム国内および日本から、ベトナム国内向けの生鮮品や日本食材などの「保冷小口配送事業」を展開する。
 
ヤマトホールディングスは、2010年にシンガポール、2011年にマレーシア、2017年1月からはタイで宅急便事業をスタートするなど、ASEAN諸国での小口配送ネットワークを広げてきた背景がある。
2015年のASEAN経済共同体(AEC)の発足によって、国境を超えたクロスボーダー物流に対しても、マレーシアに本拠地を置くクロスボーダー陸上幹線輸送会社OTLグループを買収するなどして、事業を拡大してきた。
 
合弁会社は8月に設立、9月からホーチミン市にて食材の保冷配送かをスタートし、同国の主要都市にサービスを広げていく計画となっている。

Photo by Tatsuo Yamashita on Flickr

>>あわせて読みたい 『ヤマトが「シンガポール〜中国間」のクロスボーダー小口混載輸送サービスを開始』

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

出島