2017年3月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

「東横イン」がドイツ・フランクフルトに欧州進出1号店をオープン

「東横イン」がドイツ・フランクフルトに欧州進出1号店をオープン

ホテルチューン「東横イン」が、きたる3月14日に、ドイツにてヨーロッパ進出第1号店をオープンする。

この記事の続きを読む

 
今回オープンするのは東横INN「フランクフルト中央駅前」。中央駅から徒歩1分の好立地で、地上8階建て・400室はすべて禁煙ルームとなっており、設備は基本的に日本の東横INNと同様の仕様となっている。
 
すでに、韓国(ソウル・大田・釜山)とカンボジア(プノンペン)には進出を果たしている東横インだが、2017年中には、フィリピンのセブ、フランスのマルセイユにも新しくオープンする予定。
  
今回のドイツ・フランクフルトへの進出は、東横インとしてのヨーロッパ初の出店となるわけだが、今後はアジアと平行して、欧米マーケットも開拓していくとのこと。
 
近年、多くの訪日外国人から好評を博している日本のビジネスホテル。その理由としては、高級ホテルや旅館とは異なる、立地の良さやコストパフォーマンスの高さに加えて、細やかなホスピタリティをベースとしつつも、ビジネスホテルならではの数々の合理的なサービスの存在が挙げられる。
 
日本のビジネスホテル大手の東横インのヨーロッパ進出が、今後、欧米市場にどのように受け入れられるのか注目していきたい。
  
>>あわせて読みたい 『セブで最大の部屋数を持つホテル、2017年に開業』

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

出島