2017年3月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

ミャンマーへのトルコの発電船による電力増強計画が中止に

ミャンマーへのトルコの発電船による電力増強計画が中止に

電力・エネルギー省のトゥン・ルイン次官は、トルコの発電船がヤンゴン管区向けに300メガワットの電力を供給するという計画が中止されたと発表した。

この記事の続きを読む

   
同次官は7Day Daily紙の取材に対して「この計画が中止になったのは事実。予算が足りないためだ。これ以上詳しいことは言えない」とコメントした。
   
ミャンマー政府は2016年11月、トルコのカラデニズ・ホールディングと発電船「Onur Sultan」をヤンゴン川ティラワ埠頭に停泊させ、5年間電力を供給する契約を締結、11月13日にはトルコのイスタンブールでそのお披露目式典が行われていた。
   
また、ミャンマー政府は2016年10月にもナショナルインストラクチャー・ホールディングスと発電能力300メガワットの火力発電所を建設する契約を結んでいたが、2017年度の国家予算書には上記の2プロジェクトの予算は計上されていない。中止が明らかになったことで、今年暑季の電力不足が懸念されている。
 
>>あわせて読みたい 『ミャンマーのヤンゴン環状鉄道、2019年に20km→40kmへスピードアップ』

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社

logo

ヤンゴン発・ミャンマーのビジネスに"使える"日本語情報誌

http://myanmarjapon.com/

メルマガ会員  
 

出島