2017年3月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

シティバンク香港、不動産抑制策の強化を予想

シティバンク香港、不動産抑制策の強化を予想

シティバンク香港は、このほど発表したリポートで、特区政府が早ければ3月31日にも不動産市場に対する新たな過熱抑制策を打ち出すと予想している。

この記事の続きを読む

  
29日付香港各紙によると、リポートでは過熱抑制策として最も効果的なのは、複数の物件を持つオーナーに対する不動産税(レーツ)を2~3倍に引き上げ不動産所有 コストを増大させることと指摘。
  
また新たな過熱抑制策を打ち出す理由として、(1)次期行政長官が選出されたため、政局の不確定要素を取り除く(2)住宅価格指数が急速に上昇し、今後も毎月2~3%の上昇が予測されるため、特区政府は受け入れられない(3)中国本土の多くの都市で不動産市場抑制策が打ち出されているため、香港での抑制強化も中央政府の支持を得られる――の3つを挙げた。
  
Photo by bruceg1001 on Flickr

>>あわせて読みたい 『シティバンク・インドネシア、1〜9月は64%増益に』

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島