2017年4月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

ヤマトホールディングスがタイ向けの「国際クール宅急便」を開始

ヤマトホールディングスがタイ向けの「国際クール宅急便」を開始

3月31日、ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社が、きたる2017年4月17日より、日本初タイ向け一貫保冷小口輸送「国際クール宅急便」を開始すると発表した。

この記事の続きを読む

 
今回のタイでの「国際クール宅急便」は、台湾・香港・シンガポール、マレーシアに続く、5ヵ国目・地域となる。
沖縄県およびANA Cargoと連携し、沖縄国際物流ハブを活用したスピーディーな一貫保冷小口輸送を可能とした。
 
日本の味を求める消費者をターゲットに、多くの日本食レストランがタイへ進出している背景と、タイ政府による健康促進対策の実施に伴い、国民の健康志向が高まる中、安全かつ高品質な日本食材を求めるニーズが、タイにて高まっていることを受けての、今回の「国際クール宅急便」のスタートとなった。
 
全国のセールスドライバーによる集荷や宅急便センターへの持ち込みで、荷物1個から発送ができる。
日本の「クール宅急便」と取り扱いサイズも同じで、日本食の人気が高まるタイへ日々手軽に発送でき、ビジネスチャンスが大きく広がるとのこと。
  
>>あわせて読みたい 『ヤマトホールディングスがベトナムにて、保冷配送サービスの合弁会社を設立』

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

出島