2017年4月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

「綿半ソリューションズ」がミャンマー・ヤンゴン市に組み立てた「立体駐車場」を披露

「綿半ソリューションズ」がミャンマー・ヤンゴン市に組み立てた「立体駐車場」を披露

綿半ソリューションズとミャンマー地場のシン・イェー・トゥッ社の合弁会社シン・ワタハン社は4月4日、ヤンゴン市郊外のミンガラドン郡区において、同社が組み立てた立体駐車場の披露式典を開催した。

この記事の続きを読む

 
シン・ワタハン社の岡部義治社長は「ヤンゴン市内の交通渋滞を解消するために立体駐車場が多数必要。現在は日本から資材をすべて持ち込んでいるが、将来はミャンマー国内ですべて製造できるようにしたい」とコメントした。
 
この立体駐車場は20x23フィートの土地があれば、12~15台収容できる。現在の価格は7,000米ドルだが、現地生産が実現すれば5,000米ドルに抑えることができるという。
 
>>あわせて読みたい 『ファーウェイ(華為技術)、上海で駐車場ソリューションを提供』

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社

logo

ヤンゴン発・ミャンマーのビジネスに"使える"日本語情報誌

http://myanmarjapon.com/

メルマガ会員  
 

出島