2017年5月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

電子決済「支付宝(アリペイ)」が香港に進出、年内に8,000店舗を目指す

電子決済「支付宝(アリペイ)」が香港に進出、年内に8,000店舗を目指す

中国本土で圧倒的なシェアを誇る電子決済の支付宝(アリペイ)が5月25日、香港でサービスを開始した。

この記事の続きを読む

 
同日付香港各紙によると、サービス名は「支付宝HK」。現在、香港内で使用できる店舗数は約2000店だが、年内には8000店を目指すという。
 
使用法はスマートフォンなどの端末にアプリをインストールし、QRコードをリーダーにかざすだけ。香港での電話番号が必要だが、ネット接続がなくても使用は可能だ。
決済はVISAかマスターのクレジットカードを紐付けして行うほか、現金をアカウントに直接入金して支払うこともできる。
 
通常の決済のほか、個人間送金や公共料金の支払いなど、中国本土の支付宝と変わらないサービスが利用できるが、当面は香港域内のみを対象とし、本土および海外で使用できるのはまだ先のようだ。
 
また、1つのアカウントにつき1回のみという条件付きだが、1店舗あたり20ドル以上の使用で1ポイントを取得、3ポイント貯まると50ドル分のクーポンがもらえるというキャンペーンを実施中だ。
 
>>あわせて読みたい 『訪日外国人向け決済サービス『モバイル決済 for Airレジ』にて、支付宝(アリペイ)での決済が可能に』

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島