2017年6月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

香港の屈臣氏(WATSONS)グループ、年内に新規開店60店舗

香港の屈臣氏(WATSONS)グループ、年内に新規開店60店舗

長江和記実業(CKハチソン)グループ傘下の屈臣氏グループが、年内に60店舗程度を新規開店する計画をあきらかにした。

この記事の続きを読む

     
6月28日付香港各紙によると、店舗の内訳はドラッグストアの屈臣氏(ワトソンズ)のほか、スーパーの百佳(パークン)、家電の豊澤(フォートレス)も含まれるが、豊澤の割合はほかに比べ抑えられるという。
     
これについて同グループの倪分玲・首席運営総監は「4月で言うと、ワトソンズやスーパー関連は売り上げも伸びて明るい兆しも見えてきたが、電器は中国本土客の減少が響いて前年比で2けたも落ち込んだため」と説明、対応策として、従来の家電品のほか家庭用品や高級オーディオ機器、ゲーム機など品揃えに幅を持たせるとしている。
     
またこのほか、3年で5億4000万ドルをビッグデータの分野に投資することもあきらにした。顧客の消費動向を解析し、経営の効率化と利益増を目指すという。

※画像出展元:http://www.watsons.com.tw/
 
>>あわせて読みたい 『イオン、ベトナムに食品スーパーを500店舗開業予定』
 

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島