2017年9月8日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

バイクタクシーについにメーター制が導入される? タイの大学で開発

バイクタクシーについにメーター制が導入される? タイの大学で開発

ランシットにあるタマサート大学のコンピューター関連の学生、教授らが、モーターサイタクシーにメーターを設置し、試験走行をしている。

この記事の続きを読む

 
ハンドルの右手にメーターを設置。初めの1㌔は10バーツで、のち100㍍ごとに1バーツ上がる。大学周辺にはモーターサイタクシーが150台ほどあり、大学内で移動なら15バーツ以下で済む。
 
設置の理由では、いちいち値段交渉の必要もなく、また運転手の目分量で決めていた値段で、客との言い争いになることもあり、そうした状況を防ぐことができるとしている。
 
また、運転手が着るチョッキの後ろにはQRコードを設置し、スマホで読み取ると、氏名、年齢、タクシー許可番号、バイク番号、許可された区域などが表示され、何か起こったときに通報等が楽にできるとしている。
 
すでに、カセサート大やチェンマイ大、コンケン大などでも設置したいという引き合いが来ており、また、陸運局と相談し、モーターバイク・メーター・アプリとして全国のバイクタクシーでも利用できるよう、かけ合っているという。
 
ソース:https://goo.gl/f71eVY

メルマガ会員  
 

出島