2017年10月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

ミャンマー国内ガソリン小売価格が上昇、2年間で最高値を記録

ミャンマー国内ガソリン小売価格が上昇、2年間で最高値を記録

9月30日の7Day Daily紙によると、国内のガソリン小売価格が直近10日間で1ガロンあたり150Ks値上がりし、過去2年間で最高値を記録したことがわかった。

この記事の続きを読む

   
9月29日現在の1ガロンあたりのガソリン小売価格は、レギュラーガソリン:3,400Ks、ハイオク:3,600Ks、軽油:3,400Ks、プレミア軽油:3,450Ksとなっている。
   
タクシー運転手のテッ・ウインさんは「以前より1日あたりのガソリン代が2,000~3,000Ks多くかかっている。エアコンを使うとガソリンがすぐになくなる。タクシー代を値上げせざるを得ない」とコメントした。

国内のガソリン小売価格は6月から上昇に転じており、6月から1ガロンあたり400Ks値上がりしている。

 
海外ビジネスEXPO
この記事の提供会社

logo

ヤンゴン発・ミャンマーのビジネスに"使える"日本語情報誌

http://myanmarjapon.com/

メルマガ会員  
 

出島