2017年10月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

香港・第一世代の「オクトパスカード」が失効、切り替え呼び掛け

香港・第一世代の「オクトパスカード」が失効、切り替え呼び掛け

第一世代のオクトパスカードが2018年1月20日から順次失効するため、八達有限公司(オクトパスカード・リミテッド)が早めに新しいカードへ切り替えるよう呼び掛けている。

この記事の続きを読む

     
10月18日付香港各紙によると、同社では15年からセキュリティーとNFC技術が向上した新しいカードへの切り替えを呼び掛けているものの、流通する約200万枚の第一世代カードのうちこれまでに回収できたのは80万枚。回収率はわずか40%となっている。
   
そこで10月17日から第一世代カードを使用すると「Dood~Dood~Dood」という電子音が鳴って所持者に注意を促すことになった。
    
18年1月20日に失効するとそのカードは使用できなくなるが、新カードへの交換と残額およびデポジットの移行は可能という。
    
第一世代は03年以前に発行されたもので、カードの新旧の見分け方は、カードの番号の最後の数字にカッコが付いていなければ第一世代。同じ第一世代でもロットによって失効日が異なるので注意したい。
  
交換(無料)はMTRや九龍バス(KMB)のカスタマーセンターのほか、MTR駅構内などに設置された無人の機械「オクトパスサービスポイント」でも可能。同社では2019年中にすべて新しいものに交換する計画だ。
 
Photo by Tom Page on Flickr

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島