2017年10月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

北アフリカの玄関口、ドバイの魅力とは?

北アフリカの玄関口、ドバイの魅力とは?

アフリカ市場を検討する場合、同じアフリカでも、北部、東部、南部、西部で異なる要素が多いことに留意が必要となる。
中でも北アフリカは、中東の色が強い。

この記事の続きを読む

中東と北アフリカを纏めてMENA(Middle East and North Africa)と呼ばれる。
 
MENAの属する国々は下記の通り。
 
中東:UAE、サウジアラビア、カタール、イラン、イラク、オマーン、イエメン、ジョルダン、クエート、アフガニスタン、パキスタン、レバノン、トルコ、シリア、バーレーン、ヨルダン
北アフリカ:モロッコ、アルジェリア、チュニジア、リビア、エジプト、スーダン、ジプチ、モーリタニア
 
MENAに進出している企業数は、2017年10月時点で992社が進出しており、そのうちUAEへ進出しているのが322社だ。
※JETRO発表データ参照
 
「北アフリカへの進出を考える際は、まずは中東を攻めるべし」
というのはよく聴く話だ。
北アフリカの商人が中東から来ていることが大きな要因となっている。
 
中でも、「まずはUAE・ドバイから」というのが一般的な見解と言える。
今回は、そんな注目のドバイを実際に訪問した経験を基にご紹介したい。
 
 
では何故、「まずはドバイから」なのか。
 
ドバイには、「Dubai Airport Free Zone(ドバイ空港自由貿易区)」の様な経済特区がいくつか設けられている。
それらの経済特区は、
・100%外資での投資、法人設立が可能(不動産、人材派遣、物流は進出不可)
※支店も設立可能
※出資者は1人から可
※最低資本金は1,000AED(≒272USD)と非常に安価
・自国民(UAE国民)の雇用義務無し
・外国送金規制無し

といった点で、日経企業が非常に進出しやすい環境にある。
 
さらに、進出する海外企業は下記の特別優遇措置を受けられる。
・法人税100%免除(外国銀行支店、石油/ガスの探査/生産企業を除く)
・輸出入税100%免除
・個人所得税100%免除

 
ここまでの条件はなかなかない。
進出条件としては、非常に魅力的と言えよう。
 
加えて、ドバイはMENAへのアクセスが良く、飛行機で3時間以内でいずれの国にもアクセス出来る。
中国・インド・ロシア・ヨーロッパ・東アフリカであれば、5時間以内だ。
この様な進出の容易性および地理的利点から、ドバイはMENA進出のハブとしての機能を有している。
実際、ドバイにはMENA+中国・インド・ロシア・ヨーロッパ・東アフリカのビジネスマン(バイヤーなど)が集まってくる。
 
DAFには既に、1600社を超える企業が進出しており、日本からも下記の様な企業が進出している。
・ダイソー(UAEで29店舗、販売価格は日本の2倍)
・セブン&アイ(UAEに10店舗)
・ヨックモック(日本の3倍の売価にも関わらず販売は非常に好調)
・無印良品
・シャトレーゼ
・カシオ計算機
・トヨタ、豊田通商
・横浜ゴム
・ヤマハ
・テルモ
・資生堂、など
 
成長基調にある主要産業(石油関連を除く)は、物流、自動車、エレクトロニクス、航空機、食品・飲料、消費財、など。
 
 
ドバイで事業を実施するにあたり、現地採用の際の人件費の目安についてもご紹介したい。
・マネージャー:60~75万円
・エンジニア:36~45万円
・セールス/マーケティングスタッフ:30~40万円
・秘書、経理・総務スタッフ:20~30万円
・その他スタッフ:15~30万円

といったレンジ感だ。
※DAFZA(Dubai Airport Freezone Authority)資料参照
 
 
ドバイでの暮らしについてもご紹介したい。
・食事:普通(1食平均で500~1,000円位)
・ガソリン:安い(リッター60円位)
・家賃:高い(しかしNY・サンフランシスコやパリなどよりは安い)

例;
下限:大人2人用のアパート(ベット1つ)で、15万円/月くらい
上限:大人2人+子供3人用の高級マンション(ベット4つ)で、55万円/月くらい
 
ドバイのスーパー。スパイスが豊富。

 

 
ファストフードのデリバリーなどに、バイク便がよく使われている。

 
綺麗なショッピングモール。

 

 
極めつけに、ショッピングモールの屋上に遊園地(ジェットコースター付)。

 
 
ドバイの街並みについて。
 
ドバイと言えば、高いビルのイメージが強い。
実際、写真の様に豪華で背の高い近代的なビルが立ち並んでいる。

 

 

 

 
 
 
以上、いささか生活感は持ちづらいかも知れないが、ドバイは治安も良く基本的に何でも手に入るので、住む分に苦労はしないだろう。
家賃を始め少しお金がかかるのと、灼熱の気候(真夏だと45℃を超える)を除けば、快適だ。
 
北アフリカおよび他中東諸国に攻めたい日系企業が拠点を構えるには、ドバイは非常に魅力的と言える。
北アフリカ市場を考える上で、ドバイの存在は欠かせない。
 
※参照:アンドアフリカ合同会社、コーポレートウェブサイト
http://andafrica.co.jp/?p=946

この記事の提供会社

logo

アンドアフリカ合同会社

http://andafrica.co.jp/

メルマガ会員  
 

出島