2018年2月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

新たな通勤手段⁉日産北米が斬新な「相乗りアプリ」を米国でリリース

新たな通勤手段⁉日産北米が斬新な「相乗りアプリ」を米国でリリース

北米日産は1月31日、ヒッチ社とともにアプリを用いて相乗りを利用するというユニークなカープーリング(相乗り乗車)のシステムを立ち上げた。

 

この記事の続きを読む

日本ではまだ馴染みの薄いカープーリング(相乗り乗車)だが、米国では規定人数以上が搭乗している車のみ走行可能なカープーリング車線を設けるなど、相乗りを推進することで走行する車の数を減らし、渋滞緩和と排気ガス排出削減などを進めている。

 

今回開発されたHytch Rewardsという新アプリでは、他のユーザーとつながって乗り物を共有することができ、ルートの詳細を追跡し、利用者はドライバーと乗客に同乗するためにお金を支払うという仕組みになっている。

 

ヒッチ社のデータによれば、カープール6%の普及率でナッシュビルへの通勤1500回分に相当する走行車両の削減につながり、通常速度で考えれば州間高速道路に余分な1車線を追加するのと同等の効果が見込めるという。

 

 

(参照)http://nissannews.com/en-US/nissan/usa/releases/hytch-rewards-carpooling-with-cash-collaborates-with-nissan-on-a-first-of-its-kind-mobility-solution

この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島