2018年2月7日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

経済自由度指数 香港が24年連続1位 中国の政治干渉による規制を懸念

経済自由度指数 香港が24年連続1位 中国の政治干渉による規制を懸念

米ヘリテージ財団が発表した2018年の「経済自由度指数」で、香港は24年連続で世界一となった。

この記事の続きを読む

 
2月3日付香港各紙によると、経済自由度指数は「ビジネスの自由」「貿易の自由」など12項目を100点満点で評価したもの。
 
香港の総合指数は90.2ポイントで、世界180カ国・地域の中で首位を保持。
 
昨年から増設した項目「財政の健全さ」では満点を獲得、90ポイントを下回る項目はわずか4項目、昨年に比べ評価が低下したのは「知的財産権の保護」だけだった。
 
ただし同リポートでは3年連続で「中国本土の香港政治に対する干渉が増えており、1国2制度の実施が引き締められていることを注視している」と指摘した。2位以下はシンガポール(同88.8)、ニュージーランド(同84.2)、スイス(同81.7)、オーストラリア(同80.9)と続き、日本は30位(同72.3)となっている。

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島