2018年2月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

ダイハツ出資子会社 マレーシア自動車市場40%のシェアを獲得

ダイハツ出資子会社 マレーシア自動車市場40%のシェアを獲得

新型Myviが好調のプロドゥアが、2018年1月販売台数で40%のシェアを獲得した。プロドゥアは日本のダイハツ工業が出資するマレーシアの自動車会社。

この記事の続きを読む

 
マレーシアの自動車メーカー・プロドゥアの推定によると、2018年1月の車の販売台数は1万7693台となり、マレーシア全体のマーケット(4万3939台)に対する市場シェアは40パーセントとなった。
 
車種別に見ると、Myviが9029台、Axisが4085台、Bezaが2776台、Alzaが1803台で、新型Myviが牽引した。新しいMyviはすでに48,000件以上の予約を完了した。
 
昨年11月に販売した新型Myviはダイハツの「スマートアシスト」をグローバル市場で初めて採用したことでも話題となった。Myviはダイハツが日本の軽自動車・小型車開発で培ってきたノウハウをベースに、現地主体で開発している。
 
参考記事
マレーシアの国民車、ダイハツ新型「マイヴィ」はなぜここまで人気なのか?

http://www.malaysia-magazine.com/news/27820.html
 
ソース:http://www.malaysia-magazine.com/news/28992.html#prettyPhoto

この記事の提供会社

logo

マレーシアの総合情報サイト  【マレーシアマガジン】

http://www.malaysia-magazine.com/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島