2018年2月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

三菱日立パワーシステムズ、急激に電力需要が高まるタイでの「超大型火力発電所プロジェクト」を受注

三菱日立パワーシステムズ、急激に電力需要が高まるタイでの「超大型火力発電所プロジェクト」を受注

三菱日立パワーシステムズは2月9日、タイで建設が予定される超大型火力発電所でガスタービン・コンバインドサイクルと呼ばれる発電設備を提供すると発表した。

 

この記事の続きを読む

同プロジェクトは三井物産とタイ最大の独立系発電業者であるガルフ・エナジー・デベロップメント社の合弁会社によってすすめられ、事業総額は1000億円を超える見通しだ。

 

今回のプロジェクトで建設される発電所は2か所で、首都バンコクの南東約130kmに位置するチョンブリー県と、ラヨーン県に建設され、それぞれ2021年と2023年の商業運転開始を目指す。

 

両発電所の出力はいずれも265万kWで、従来の石炭火力と比較して約70%ものCO2排出を抑制することができるクリーンな発電所だ。天然ガスを主燃料とし、作られた電力はタイ電力公社(EGAT)に販売され、急激に高まる同国内の電力需要に対応していく。

 

 

(参照)https://www.asiaventurepedia.com/2018/02/09/mitsubishi-hitachi-power-lands-thai-power-plant-order/

この記事の提供会社

logo

Digima〜出島〜

http://www.digima-japan.com/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島