2018年2月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

ミャンマー初となるモバイル通信規格「4G Pro」が開始 ITインフラ整備が促進

ミャンマー初となるモバイル通信規格「4G Pro」が開始  ITインフラ整備が促進

カタールの通信事業社オレドーは、ミャンマーのマンダレー市内でモバイル通信サービスの規格を、同国で初めて4G Proに引き上げ、サービスを開始したと発表した。

この記事の続きを読む

 
オレドー・ミャンマーの発表を7Day Daily紙が1月26日に伝えたもので、4G Proは既存の4G Plusを中国の通信事業者ZTEとの共同により通信速度(ダウンロード)を500Mbpsまで引き上げた。携帯端末も4G Proに適合する機種を利用する必要があるという。
 
オレドー・ミャンマーの代表者は「当社は次世代5Gへの移行に向け努力している。その一環として4G Proをマンダレーで開始する」とコメント。同社はインターネット通信をスピードアップさせるため、8千万米ドルを追加で投資すると発表していた。
 
現在オレドー・ミャンマーは、ミャンマー全国333郡のうち、200郡までサービスを拡張している。これまでの投資額は24億米ドル。対象となる人口は1,500万人で、同社の携帯SIMカードを利用しているユーザーは800万人。

この記事の提供会社

logo

ヤンゴン発・ミャンマーのビジネスに"使える"日本語情報誌

http://myanmarjapon.com/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島