2018年3月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

訪日土産で「鎮痛剤」が人気も香港では未登録 条例違反で有罪のケースも

訪日土産で「鎮痛剤」が人気も香港では未登録 条例違反で有罪のケースも

香港では政府衛生署に登録されていない薬物の販売は違法となるが、近年は条例に違反して有罪になった例が年に数十件に上るという。

この記事の続きを読む

 
3月7日付『香港経済日報』によると、未登録薬物の販売による有罪件数は2015年に69件、翌16年は37件、17年は35件と減少傾向にあるものの、過去3年で計141件に上った。
 
このうち、SNSやインターネットを使って販売されたケースは21件だ。最近では、エスエス製薬の鎮痛剤「イブ」シリーズが香港人に人気を呼んでおり、日本旅行のお土産として買い求める観光客も多いというが、衛生署は香港では未登録の薬剤製品であると指摘。また配合成分のイブプロフェンは香港では登録薬剤師監督の下、登録薬局でなければ販売できない薬物だという。
 
ソース:https://www.hkpost.com.hk/20180309_7740/

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島