2018年3月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

台湾の人気店「京鼎樓」が埼玉・浦和に11店舗目 2005年から日本に進出

台湾の人気店「京鼎樓」が埼玉・浦和に11店舗目 2005年から日本に進出

株式会社デリコ・インターナショナルは国内11店舗目となる『京鼎樓』を3月16 日にアトレ浦和 West Area 3Fにグランドオープンした。

この記事の続きを読む

 
台湾で行列が出来る小籠包の専門店「京鼎樓」を発祥として、2005年に日本1号店をOPEN。
 
女性も気軽に楽しめる小籠包カフェ&レストランをコンセプトに、関東7店舗・関西2店舗・九州に1店舗とレストラン業態では10 店舗を展開。アトレ浦和店で11店舗目となる。
 
京鼎樓の小籠包は熟練した点心師が餡・皮ともに一からお店で手作りしている。おいしさの秘訣は超薄皮で包んだコラーゲンたっぷりの豊潤スープと豚肉の餡。熟練した点心師の技を集結させ、選りすぐりの素材と独自の製法で蒸し上げている。
 
ソース:https://www.hkpost.com.hk/20180327_8149/

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島