2018年5月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

香港の土地不足問題が深刻化 公共住宅の入居申請、待ち時間は5.1年

香港の土地不足問題が深刻化  公共住宅の入居申請、待ち時間は5.1年

公共住宅の入居待ち時間がさらに延びて5年の大台に乗ったことが分かった。

この記事の続きを読む

   
5月12日付香港各紙によると、房屋委員会が11日に発表した2018年3月末現在の賃貸型公共住宅の累積入居申請(当選待ち状態)は27万2300件で、前期(17年12月末)から1万600件減少した。
   
うち一般(家庭)の申請者は15万5300件で前期から200件増加。平均待ち時間は5.1年で、前期の4.7年から悪化した。
   
非高齢の単身申請者は8800件減少の11万9000件となった。高齢の単身申請者の待ち時間は前期の2.6年から2.8年に延びた。
   
房屋委員会資助房屋小組の黄遠輝・主席は「待ち時間が延びた原因を断定するのは難しい。多くの家庭が市街地の公共住宅を申請したためかもしれない」と述べたほか、土地不足は非常に深刻であることから各界に開放的な態度で理性的に土地供給の公開諮問を進めるよう呼び掛けた。
   
ソース:https://www.hkpost.com.hk/20180515_10285/

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

eck2018
出島