• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

「海外進出がシンガポールの生きる道」 チャン通産相が同国の未来像を述べる

「海外進出がシンガポールの生きる道」 チャン通産相が同国の未来像を述べる

シンガポールのチャン・チュンシン通産相は5月14日、大統領による施政方針演説の国会での審議開始に当たり、閣僚で初めて演説に立ち「経済の成熟に伴い、シンガポールは活動を誘致するだけでなく、海外に進出することが経済成長の維持に欠かせない」とシンガポールの未来像を示した。

ソース:http://www.asiax.biz/news/46600/

この記事の続きを読む

     
このため統計では国内総生産(GDP)より、居住者が1年間に生み出す財とサービスの付加価値の合計である国民総所得(GNI)を重視するという。
    
チャン氏によれば、シンガポールが世界で居場所を確保するためには、資源を入手し、市場に参入する必要があり、後背地である外国との接続を良好にしなければならないという。
    
このため、空運、海運、陸運以外に、データ、金融、人材、技術の領域でも世界とつながり、集合点となるための努力が必要で、他国に先んじて地位を固めなければならないという。
    
港湾荷役のPSAは港湾の規模だけでは外国の大型港湾に対抗できないと判断。世界各地で港湾、サプライチェーンを運営する戦略に転じ、各地の港湾に出資してきたという。
    
チャン氏はまた、地政学上の変化に左右されない、原則重視、中立性をシンガポールの強みとして強調。米朝首脳会談の場に選ばれた理由の一つだと述べた。
 

この記事の提供会社

logo

シンガポールのビジネス情報サイト【AsiaX】

http://www.asiax.biz/

メルマガ会員  
 

eck2018
出島