• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

シンガポールの生活費の高さ 世界1位ではない? 所得税率を勘案

シンガポールの生活費の高さ  世界1位ではない? 所得税率を勘案

企業サービスのソブリン・グループによると、高所得者の生活費でシンガポールは11位の高さ。アジアで最も高いのはソウルで6位。

ソース:http://www.asiax.biz/news/46817/

この記事の続きを読む


平均的所得者の生活費の高さではシンガポールは13位。アジアでシンガポールより高いのは東京(9位)、大阪(10位)、ソウル(12位)。

高所得者、平均的所得者の生活費ランキングで1~3位はコペンハーゲン、パリ、テルアビブ。

EIUでは、都市におけるモノ・サービスの価格を調べ、それを単純比較している。ソブリン・グループは、これらのモノ・サービスを購入するに必要な納税後の所得をみた。

ロサンゼルスではジンの価格が10米ドル(約1,100円)、個人所得税が50%として、ジンを購入するには20米ドルの収入が必要だ。

ケイマン諸島で同じジンが15米ドルとして、所得税はかからないため15米ドルの収入でジンを購入できる。この結果、ジンはロサンゼルスよりケイマン諸島の方が安いことになる。

ソブリン・グループは高額所得者の生活費を算出する際、所得税の最高税率を収入に乗じる方法をとった。平均的所得者の生活費を計算する際には、所得税率と社会保障基金への拠出を考慮した。

この記事の提供会社

logo

シンガポールのビジネス情報サイト【AsiaX】

http://www.asiax.biz/

メルマガ会員  
 

出島