2018年7月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

中国のIT企業が広州・南沙区と提携 行政サービスにブロックチェーンを導入

中国のIT企業が広州・南沙区と提携 行政サービスにブロックチェーンを導入

深セン智乾ブロックチェーン科技有限公司は「ブロックチェーン技術を行政に導入すること」を目的に開発を進め、6月21日に中国国内の行政機関である南沙区人民政府政務管理事務所との技術提携を正式に締結した。

この記事の続きを読む

 
目的はGACHAIN技術に基づくデジタル政府業務の革新的な応用の戦略的提携。ブロックチェーン技術の統合による行政事務シナリオの拡大と発展させることや、ブロックチェーン技術の実体経済における活用のスピードアップを図る。
 
行政事務を行うサービスセンターが全体の立場からモニターすることを可能とし、行政事務業務の関連情報とリソースの把握から高効率で高精度な行政サービスの展開を可能とし、また環境変化を先読みすることができる。
 
ソース:https://www.hkpost.com.hk/20180726_12118/

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島