2018年10月22日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

拡大する中国アニメ市場  日系代理店「日宣」が中国アニメスタジオの日本進出を支援

拡大する中国アニメ市場   日系代理店「日宣」が中国アニメスタジオの日本進出を支援

総合広告代理店の株式会社日宣は、中国トップクラスのアニメIPホルダーであるテンセントグループ「閲文集団」が出資する中国トップクラスのアニメ製作スタジオ「彩色鉛筆動漫」が日本進出「日本法人名:Colored Pencil Animation Japan株式会社」するにあたり包括的な支援を行った。

この記事の続きを読む

   
中国のアニメ市場の規模は2016年に約200億元(「中国アニメ市場調査」日本貿易振興機構2018年3月)に達し、その後も急速に成長を続けている。製作・運営・関連商品(グッズ等)等を含めた巨大な産業となっており、出版、テレビ、映画、インターネット等の業界が関わっている。
   
市場の成長とともに中国のアニメ製作力も急成長している。中国WEBアニメを黎明期から牽引し、ハイエンドな大人向けアニメ等も製作し高い技術力がある彩色鉛筆動画は、日本のアニメ製作力に魅力を感じ、日本のアニメーターの獲得やアニメスタジオとの連携の強化を目的に、6月6日に日本法人Colored Pencil Animation Japanを立ち上げた。
 
ソース:https://www.hkpost.com.hk/20181022_14513/

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島