2018年10月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

絶滅危惧種の「ピンクドルフィン」の数が減少 港珠澳大橋の建設が影響か

絶滅危惧種の「ピンクドルフィン」の数が減少 港珠澳大橋の建設が影響か

港珠澳大橋や香港国際空港の第3滑走路建設などで、香港域内に生息するシナウスイロイルカ(通称:ピンクドルフィン)の生息数が急減しており、環境保護団体が警鐘を鳴らしている。

この記事の続きを読む

 
10月23日付香港各紙によると、港珠澳大橋の建設工事が始まった2012年から17年の6年間で、ピンクドルフィンの数は80頭から40%減の47頭へと減少した。香港海豚保育学会では、工事の影響でピンクドルフィンの分布に変化が起きたと指摘する。
 
ランタオ島の西北水域の個体数は急減したほか、ランタオ島東北水域では過去3年間ピンクドルフィンが確認されていないという。
 
近年は港珠澳大橋の建設に続いて、香港国際空港の第3滑走路建設が行われ、さらに10月10日に発表された施政報告には1,700ヘクタールにわたる埋め立て計画が盛り込まれており、ランタオ島北部の水域はさらなるダメージを受けると批判している。
 
ソース:https://www.hkpost.com.hk/20181025_14591/

この記事の提供会社
メルマガ会員  
 

出島