• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

マレーシア人的資源相-月収RM5000以下の外国人就労ビザの廃止を検討

マレーシア人的資源相-月収RM5000以下の外国人就労ビザの廃止を検討

マレーシアで働くホワイトカラーの外国人向けに発給されている就労ビザのうち「カテゴリー3」の廃止が検討されているという。マレーシアの人的資源相クラセガラン(M. Kulasegaran)が2月28日、セランゴール州ペタリンジャヤで開催された外国人向けのビザセンター「MYXpatsセンター」の開所式で述べた。

 

この記事の続きを読む

 
月収が低い「カテゴリー3」の廃止を検討中、将来的には「カテゴリー2」も廃止の可能性

   
現在マレーシア政府が発行する外国人ホワイトカラー向けの就労ビザは3種類あり、カテゴリー3(月収5000リンギット以下)、カテゴリー2(月収5000~9999リンギット)、カテゴリー1(月収1万リンギット以上)に分かれている。2018年度、ホワイトカラー向け労働ビザの発給数は11万7000だったが、そのうちカテゴリー3のビザの申請数は2158だったという。マレーシア政府は将来的にカテゴリ2も廃止し、カテゴリ1だけを残す方針だという。
  
外国人の雇用を減らすことで、マレーシア人の雇用を増やしたいという狙いがある。
   
ソース:http://www.go-malaysia.info/latest-news-list/2019-0305-stop-visa/

この記事の提供会社

logo

ニュース、ビジネス、観光、グルメ、留学、ロングステイなどのトピックを網羅した「マレーシア総合情報サイト」

http://www.go-malaysia.info/

メルマガ会員  
 

出島