2019年3月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

マレーシア財務省発表の「生活消費ガイド」に批判の声

マレーシア財務省発表の「生活消費ガイド」に批判の声

3月4日、マレーシアのリム財務相が発表した生活消費ガイド「ブランジャワンク(Belanjawanku)」が物議を醸している。

この記事の続きを読む

 
クアラルンプールでの生活費「単身者で月1870リンギットでは足りない」
   
このガイドは、従業員積立基金(EPF)がマラヤ大学付属社会福祉研究センターに委託して制作したもので、クランバレー(マレーシアの首都クアラルンプールとその近郊)圏内で生活する人の月額支出の例が示されている。
  
例えば、単身者は1870リンギット、車を所有する単身者は2490リンギット、夫婦2人は4420リンギット、夫婦と子ども1人は5730リンギット、夫婦と子ども2人は6620リンギット、高齢の夫婦は3090リンギとなっている。
   
ソース:http://www.go-malaysia.info/latest-news-list/2019-0306-belanjawanku/

この記事の提供会社

logo

ニュース、ビジネス、観光、グルメ、留学、ロングステイなどのトピックを網羅した「マレーシア総合情報サイト」

http://www.go-malaysia.info/

メルマガ会員  
 

出島