• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

マレーシア:13年連続で「ロングステイ希望国」1位に

マレーシア:13年連続で「ロングステイ希望国」1位に

日本人がロングステイしたい国に関する調査で、マレーシアが13年連続で第一位になった。

この記事の続きを読む

 
4月2日、一般財団法人ロングステイ財団(事務局:東京都港区)は「ロングステイ希望国・地域2018」を公表。これは、2018年1月から12月までに同財団が主催や後援したイベント、計115本、10,592名(有効回答数:1,581)の参加者を対象としたアンケート「ロングステイに関する意識調査」の回答をもとにした調査結果である。
 
1位は13年連続でマレーシア。長期滞在査証「マレーシア・マイ・セカンドホームプログラム(MM2H)」の充実、気候、治安、医療水準に加え、ロングステイ希望国トップとしてのイメージの定着によるメディア露出の牽引もあり、広く評価されているという。
 
1位以下のトップ10は、2位は8年連続でタイ、3位も8年連続でハワイ、4位は前年度5位だったフィリピン、5位オーストラリア、6位台湾、7位カナダ、8位インドネシア、9位シンガポール、10位アメリカ本土という結果になった。
 
詳細は、今年11月に発売を予定している「ロングステイ調査統計2019」で発表される。
 
ソース:http://www.go-malaysia.info/latest-news-list/2019-0404-longstay/

この記事の提供会社

logo

ニュース、ビジネス、観光、グルメ、留学、ロングステイなどのトピックを網羅した「マレーシア総合情報サイト」

http://www.go-malaysia.info/

メルマガ会員  
 

出島