2019年4月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

マレーシア:MSCテータス優遇税制が改定され一部の手続きが再開へ

マレーシア:MSCテータス優遇税制が改定され一部の手続きが再開へ

MDEC(マレーシア・デジタルエコノミー公社)の発表によると、MSC(マルチメディアスーパーコリドー)ステータスの優遇税制の内容が改定され、改定後の制度に則った一部の申請の受付が4月2日より再開された。

 

この記事の続きを読む

MSCステータスは、2018年7月1日から新規、延長などの手続きが保留されていた。保留の理由は、OECDが進めている「BEPS(Base Erosion and Profit Shifting)プロジェクト(税源浸食と利益移転への取り組み)」に沿ったものにMSCの優遇税制の内容を変更するためであった。
 
今回の改定により、MSCステータス優遇税制の対象となる事業は知的財産(IP、intellectual property)と非知的財産(サービス)に分けられる。4月2日から申請が開始されたのはサービスのみ。知的財産に属する事業に関しては詳細は未定で、詳細が決まり次第発表される。
 
ソース:http://www.go-malaysia.info/latest-news-list/2019-0405-mac-update/

この記事の提供会社

logo

ニュース、ビジネス、観光、グルメ、留学、ロングステイなどのトピックを網羅した「マレーシア総合情報サイト」

http://www.go-malaysia.info/

メルマガ会員  
 

出島