2019年5月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

香港:10月から回郷証で公共サービス

香港:10月から回郷証で公共サービス

国家移民管理局など16部門は5月16日、北京で出入境証明書の便利化・応用を推進する連席会議を開催した。同日の香港メディアによると、会議では出入境証明書の認証サービスプラットホームが紹介され、10月から香港・マカオ市民と華僑は中国本土で30項目余りの公共民生サービスの利便性を享受できることが分かった。

この記事の続きを読む

 
香港・マカオ市民が本土入境の際に使用している出入境証明書「港澳居民来往内地通行証」(通称「回郷証」)は10月から各種の政務サービスプラットホーム、公共サービスプラットホーム、ネットで登録・使用できる有効な身分証となる。
 
享受できるサービスの範囲は交通運輸、金融、通信、教育、医療、社会保障、工商業、税務、宿泊の9分野にまたがる。これらの基本公共サービスのほか、保険購入、受験申請、シェア自転車利用といった民生サービス、銀行・証券・携帯電話のアカウント解説、ネット決済などの金融・通信サービスの利用手続きも便利となる。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■記事提供 「日刊香港メールニュース」
  
■香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語でメルマガ限定でお届けしています。月〜金曜日に毎日配信。今なら無料で配信登録できます。
 
■登録はコチラから
http://maroon-ex.jp/fx140298/ktiYEc
 
※hotmail、outlook、icloud、http://me.com は現在のところ配信されにくいので、ご注意ください
※メールアドレスの入力ミスにご注意ください

この記事の提供会社

logo

「日刊香港メールニュース」香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語でメルマガ限定でお届けします

http://maroon-ex.jp/fx140298/ktiYEc

メルマガ会員  
 

出島