2019年8月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

香港:中央は9月初めまでのデモ収束要求

香港:中央は9月初めまでのデモ収束要求

立法会の田北辰・議員(実政円卓)は8月20日、香港電台(RTHK)の番組「千禧年代」に出演し、逃亡犯条例改正をめぐる騒動の収束に向けた中央政府の意向を明らかにした。同日の香港メディアによると、田氏は自身が得た情報として「中央はすでに9月初めをデッドラインとし、10月1日の建国70周年を迎える前に今回の騒動を収束させることを要求している」と述べた。

この記事の続きを読む

 
田氏は、建国70周年に当たって中央は北京に世界の注目を集めさせたく、香港が焦点になるのは望まないため、「その時に数十万人、100万人のデモになったら中央は受け入れられない」ことから9月初めをデッドラインにしたと説明。
 
このため民間人権陣線が8月31日に開催するデモ行進が試金石となり、林鄭月娥・行政長官は今後10日以内に5大要求のうち改正撤回や独立調査委委員会の設置を含む2つぐらいの要求について回答を検討し「平和で理性的で非暴力的な市民」の不満を取り除いておく必要があるとの考えを示した。
 
3~4週の間に催涙弾の使用がなければ情勢は落ち着いたとみなされ中央は安心するという。仮に特区政府がデッドラインまでに収束させられなかった場合、中央は林鄭長官に圧力をかけて駐軍法第14条に基づき中国人民解放軍駐香港部隊への協力を要請させるか、全国人民代表大会(全人代)常務委員会が香港特区政府に治安を維持する能力はないと宣言して武装警察または解放軍駐香港部隊を出動させるとみている。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■記事提供 「日刊香港メールニュース」
  
■香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語でメルマガ限定でお届けしています。月〜金曜日に毎日配信。今なら無料で配信登録できます。
 
■登録はコチラから
http://maroon-ex.jp/fx140298/ktiYEc
 
※hotmail、outlook、icloud、http://me.com は現在のところ配信されにくいので、ご注意ください
※メールアドレスの入力ミスにご注意ください

この記事の提供会社

logo

「日刊香港メールニュース」香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語でメルマガ限定でお届けします

http://maroon-ex.jp/fx140298/ktiYEc

メルマガ会員  
 

出島