2019年10月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • copy

マレーシア:シンガポール発カープールアプリ「Ryde」がKLに進出

マレーシア:シンガポール発カープールアプリ「Ryde」がKLに進出

シンガポール発のカープールサービス「Ryde」が11月1日からクアラルンプールでサービスを開始する。

この記事の続きを読む

 
シンガポールでは、2018年に運営を開始し、現在2万5000人のドライバーが登録しており、香港でも運営している。クアラルンプールでは2019年末までに5000人のドライバーの登録を目指す。
 
Grabと似たサービスのようだが、違いは「Rydeは環境のためのサービスであり、営利目的ではない点」(Terence Zou 創業者/CEO)だという。
 
RydeはシンガポールではGrabと同様の配車サービスも展開しているが、マレーシアでまずスタートするのは通勤などで利用することを想定した「RydePOOL」。
 
これは、すでに旅程が確定しているドライバーと、同じ旅程の利用者をRydeを通じてマッチングできるサービスだ。Rydeが専業にならないよう、乗客を乗せられるのは1日2回だけという制限が設けられている。
 
そのほか、ペットが同乗できる「RydePET」も同時にローンチする。
 
GrabはシンガポールではGrabPETのサービスを開始しているが、マレーシアでは始まっていないため差別化が図れそうだ。
 
マレーシアでは、Grabなど配車サービスのドライバーにPSV免許(Passenger Service Vehicle)の取得を義務付ける新ルールが導入され、Grabのドライバー不足が問題になっている。
 
RydeのCEOは、「RydePOOLのドライバーからは手数料を徴収しないため、PSV免許は不要だろう」としつつも、マレーシアの国土交通省との話し合いはこれからだとしている。
  
画像出展元:Singapore’s Ryde to launch carpooling service in Malaysia in November(asiaone)
 
ソース:http://www.go-malaysia.info/latest-news-list/2019-1017-rydeapp/

この記事の提供会社

logo

ニュース、ビジネス、観光、グルメ、留学、ロングステイなどのトピックを網羅した「マレーシア総合情報サイト」

http://www.go-malaysia.info/

メルマガ会員  
 

出島